御社の強みを活かした「農業ビジネス参入コーディネート」 本文へジャンプ
プロフィール



 氏名: 人見 浩 (ひとみ ひろし)

 水稲農家: 那須高原標高500mで栽培
              (約東京ドーム1個の広さ)

 【私が栽培した那須高原コシヒカリを宅配しています】
 元農協職員: 水稲、野菜、養蚕栽培技術、経営指導員

 起業:  パソコンスクール、野菜直売所、野菜レストラン
イメージ


●プロフィール

1960年生まれ 栃木県那須高原で4ha水稲栽培 

宇都宮大学農学部卒 農業ビジネス参入コーディネーター


◆農商工連携、稲作、野菜の低農薬栽培など農業技術やITなどの

新流通及び農家とのコミュニケーションを得意とする。


◆農協営農指導員時代に水稲新肥料を導入し

3年間で管内半数以上農家に普及。新野菜を70名の賛同農家を集め、

日本一市場の東京大田市場を取引拡大し年間5千万円以上の産地づくりに成功。

40名の農家を集め野菜直売所を立上げ独立し10年経過。その後、農園レストラン併設。
ネット販売のコツを習得し自分で栽培したコメを「安心ホタル米」として高付加価値ネット成功。


◆農業ビジネス参入コーディネートの転機は、

企業より倉庫の有効利用として「野菜直売所」立上げを依頼され、

年間1億円近い売上を達成したこと。

一番苦労したのは、企業と農家との考え方が開きすぎてること。

農家には直売所に参加するメリットや野菜栽培、

種子の斡旋などでの売れる野菜づくりの指導で克服。


直後に堆肥製造会社。

収益性の高い野菜育苗兼用プランター用土の新製品開発提案。

安価で、素人にも簡単・手間のかからない野菜育苗用土をコンセプトにしたことと

取引ホームセンターの全社員への講習を行ったことで、

たった1年後に野菜育苗用土だけで

年間5千万円以上の売上を達成し収益の柱に成長。

その後、

次々と企業からの農業ビジネス参入コーディネート依頼が増えてきたこと。



●資格 

農業指導員(栃木県農業改良普及員)、

病害虫防除指導員、栃木県農薬管理士

食品衛生責任者、
グリーン・ツーリズム インストラクター



●役職 

那須町商工会理事(同商工会内に農商工委員会提案)

那須観光協会(フラワースポット副委員長)



● 趣味

テニス

那須高原のテニス&呑み会倶楽部 

★ビーナス・フェニックス★